ご購入はコチラから!

アバランチのご紹介

アバランチは、効率や安全を配慮した画期的な雪かきです。冬には氷点下45℃にもなる極寒の地、アメリカ、ミネソタ州で開発されたこの商品は、雪かきの概念を変えたと話題になり、全米のニュースや雑誌などでも紹介されました。なんとたった数分で1トンもの雪を屋根から除雪できます!動画配信サイト「Youtube」では、雪かきをしている映像にもかかわらず、再生回数が30万以上!北欧、カナダなど積雪量が多い国々でも発売されているアバランチがついに日本でも販売開始!

アバランチ 750

  • 7.6cmタイヤが装着された雪かきはタイル(瓦)、太陽光パネル、アスファルトシングルなどの屋根に使えます。
  • 組み立てやバラシが簡単。付属の部品以外に組み立てる為の道具は必要ありません。
  • 雪用プラスチックスライド部分は 横幅 43cm 長さ 3.7m
  • 4つに分かれているハンドルは、最大長さを4.9mまで調整可能。
  • アバランチ750の総重量は、約4.5kg
  • 注意: 屋根に破損した瓦や突起物がある場合は、プラスチックスライドが破れる可能性があります。

使い方

アバランチのフレームを屋根の下部分に起きます。その際、プラスチックスライドが屋根からぶら下がっているか確認してください(雪は屋根から落ちてきますので、屋根の下に何もないことを確認してください)。フレーム部分が屋根の上に徐々に上がっていくようにハンドルを押してください。プラスチックスライドの上を雪が滑り落ちて行きます。
注意: 雪かきの途中、押しても動かない部分などありましたら、一度押すことを止め、位置などをずらして再度初めてください。無理な負担は、屋根やアバランチへの破損に繋がる可能性があります。アバランチは、雪が固まり氷になっている物は除雪できません。

組み立て方

付属品
部品番号 商品コード 部品名 数量
AVA500-FR 右側フレーム 1
AVA500-FL 左側フレーム 1
AVA500-SK スライドキット(タイヤ付き) 1
AVA500-HFA ハンドルフレームアダプター 1
AVA500-FP ファイバーポール 4
AVA500-HC ハンドルカップラー 3
AVA500-VEG グリップ 1
A
B
C

A.

❶(右側フレーム)と❷(左側フレーム)に装着されている青いフタを全て外します。

B.

❶(右側フレーム)と❷(左側フレーム)を❹(ハンドルフレームアダプター)に繋げます。奥まで挿入し、抜けないか確認してください。

C.

❸(スライドキット)を❶(右側フレーム)と❷(左側フレーム)に繋げます。奥まで挿入し、抜けないか確認してください。
D
E
F

D.

ハンドルを繋げる為にまず❹(ハンドルフレームアダプター)に❺(ファイバーポール)を繋げます。奥まで挿入し、抜けないか確認してください。

E.

ハンドルを延長する場合は❻(ハンドルカプラー)を❺に繋げます(❻についているボタンを押しながら、❺に挿入し、❻のボタンが❺についている穴に合わさるように調整します)。抜けないように確認後、❻の反対側にもう一本❺を装着します。希望の長さ(最大4本のファイバーポール)に調節できるまで上記の作業を繰り返す。

F.

一番最後に装着した❺(ファイバーポール)の下の部分に❼(グリップ)を装着します。